アンチエイジング

顔のたるみの予防!年齢とともにお肌のたるみが気になってきます。そんなたるみのスキンケアはどうすればいいのでしょう。
MENU

顔のたるみ

顔のたるみの予防には、どうして顔がたるむのかを把握しておくことです。年齢による影響や、筋肉の衰えが、顔のたるみの要因であると言われています。

 

年をとると、肌に存在していたコラーゲンが少なくなるために、肌は乾燥しやすくなります。コラーゲンの減少により皮膚の伸縮性が失われ、肌のハリや弾力性がなくなり、たるみ等が出てきます。皮膚は筋肉によって支えられていますが、筋力が減少すると、皮膚は自身の重みでたるみ始めます。

 

肉や魚等のタンパク質には、コラーゲンが多く含まれていますので、積極的に摂取することも大切です。体内でコラーゲンを生成する機能を高めるためには、ビタミンCを摂取することが有効となります。

 

日頃の食事では、肉や魚の補給だけでなく、ビタミンCを含む食事を積極的にしていくといいでしょう。顔面のストレッチや、マッサージも、顔のたるみの予防には有効です。顔のむくみは、顔に不要な水分が残ったり、リンパの流れが悪くなって老廃物が残っていることによって起きるので、マッサージでむくみを解消します。

 

顔のストレッチにより、筋肉の低下を防ぐことができるので、たるみが生じやすい部分を中心に頬や口角のストレッチをしてみましょう。顔の皮膚をたるませないためには、仰向け姿勢で寝るといいでしょう。横向きになって寝ると、首やあご、肩、肋骨にストレスがかかるので、上を向いて寝る時に比べてたるみやすくなります。

 

 

 

顔のたるみで困っている人が多いですが、理由は何でしょうか。最近は、アンチエイジングに感心を持つ人が増加しています。顔のたるみがひどくなると、顔が老けて見えるようになります。

 

年をとってもなお若々しい見た目でありたいという人はたくさんおり、アンチエイジングにいい化粧品は数多く売り出されています。歳を重ねることで、肌の弾力を、失うことは仕方のないことでもあります。いつまでもきれいなままの肌でいるためには、健康に配慮し、規則正しい生活リズムで日々をおくることです。

 

肌の老化の現象として、実際の年齢よりも老けて見える原因ともなる顔のたるみは、肌の弾力が失われることによって起こる現象です。肌の弾力が失われるのは、肌本来の保湿力が失われ、肌に含まれていた水分が少なくなることがあります。

 

お肌の表層に水分を蓄積しておくことで、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの保湿成分を肌の深層でつくることが可能です。肌のターンオーバーのサイクルが生活習慣の乱れがずれたり、紫外線によって肌老化が進むと、お肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

表情筋などが衰えることで、肌に必要な栄養が十分に行き渡らなくなり、たるみの原因となる場合もあります。肌のたるみが出るのはいくつかの理由がありますが、そのうちの複数が主要な理由になることが多いようです。肌に悪い習慣を見つけて、普段の生活を改善するで、若々しい肌を取り戻すことが出来るようになります

このページの先頭へ