目の周りのお手入れ

目の周りの皮膚のお手入れ。間の周りのシワが気になったら、まずはしっかりお手入れしてあげましょう。
MENU

目の周りのケア

目尻のしわをふやさないためには、目の周りの薄い皮膚をきちんとケアすることが大事です。しわができないようにするには、日々のスキンケアがとても重要であると言われています。人間の顔は、年をとると徐々にしわが多くなります。目尻のしわもその一つで、加齢による肌の乾燥が関わっています。

 

目尻のしわは、紫外線などの影響によって肌がダメージを受けることや、加齢により肌の中のコラーゲン組織が減少することによって出来てしまいます。顔にある表情筋の力が弱くなると、皮膚のたるみがましてしわが増えます。

 

その他にもメイクをしたまま、落さずに寝てしまうなど、スキンケアを怠り続けることも目尻のしわの原因となります。目尻のしわは、一度でもできると解消することが難しいため、そもそもしわができないようにすることが重要になってきます。

 

普段から、紫外線ケアを十分にしておくことが、目尻のしわができないようにするためには欠かせません。季節が夏になる前から、紫外線からお肌を守るためにすべきことを一つ一つ行いましょう。日焼けどめクリームや、日傘の活用がおすすめです。

 

外から帰ってきたら、できるだけ早くメイクは落とすようにし、しっかりと保湿を行うことでしわやシミなどが増えることを防ぐことができます。年をとってもしわの少ない肌に憧れる人のために、目尻のしわを取り除くためのパックシートがスキンケア用品メーカーから販売されています。日頃の紫外線対策に加えて、しわ対策に役立つ商品も積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

目の周りの皮膚は皮脂が多くないため、乾燥しやすい場所だといいます。全身を覆っている皮膚の中でも、目の周囲は特に皮膚が薄くなっており、ラップ一枚程度しかないため、とても繊細な部分です。

 

目の周囲の皮膚をきちんとケアしたほうがいいのは、薄く繊細な皮膚は紫外線を浴びたり、加齢の影響を受けることで、真っ先にしわができるためです。目尻の小じわなどができ始めたら、目元が乾燥しているサインでもありますので、見逃さないようにしましょう。保湿の効果があるという成分を配合している化粧品を使って、目の周囲の皮膚に保湿成分を浸透させましょう。

 

目の周りは皮膚が薄く刺激に弱いので、目元のスキンケアをする時には、力をいれずに優しく指でなじませるように化粧品を塗るのがおすすめです。美容液やクリームを指の腹につけて、優しく叩くようにして皮膚につけていきましょう。

 

ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど、お肌の保湿に効果があるという化粧品が、こじわ治療に役立つものだといいます。スキンケア用品を使うことで、乾燥が目立つようになった皮膚に必要なだけ水分を補給できるようにすることです。

 

肌のターンオーバーを活性化してくれる成分であるレチノールなども、しわ対策に有効な商品として人気があります。コラーゲンの働きを盛んなタイミングで、お肌のターンオーバーを活発にする成分であるレチノールは、とても重宝するものでしょう。

 

美容液やクリームなど、目元専用の化粧品も多数ありますから、自分の肌質に合った商品を使って、目尻のしわ対策をしていきましょう。

このページの先頭へ